英語学習はタブレットがおすすめ!進研ゼミ動画レビュー【英語編】

小学校での英語必修化を受けて、ますます英語学習への関心が高まっています。

わが家では、進研ゼミのタブレットで英語学習を行なっています。

ママ友

え!タブレットで英語学習って本当に身につくの?

そんなふうに心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

  • 英語をタブレットで学習するメリット・デメリットを知りたい!
  • 進研ゼミの英語教材ってどうなの?
  • 実際どんな学習をするのか中身を見たい!

そんな方に役立つ記事となっていますので、ぜひ最後までごらんください。

進研ゼミでの英語学習のみで、成績5をキープ中です!

目次

タブレットで英語学習のメリット・デメリット

タブレットで英語学習を行うメリット・デメリットはなんでしょうか?

デメリット

タブレットで英語学習を行うデメリットは次の3つです。

  1. 受け身になりがち
  2. スピーキングの訓練にはならない
  3. 英語学習をやった気になる

タブレットで英語学習をおこなうデメリットは、学習が受け身になりがちなところです。

目で見てわかりやすく学習できるのですが、ただそれを見るだけだと『わかった気』『勉強した気』になって、実際は身についていないということにもなります。

メリット

タブレットで英語学習を行うメリットは次の3つです。

  1. 目で見て理解することができる
  2. 何度も発音を聞くことができる
  3. マイペースに学習できる

英語というと苦手意識が先にきてしまう子が多いです。

学校の授業では、発音を何度も繰り返し聞くことはできません。

理解が追い付かなくても、みんなのペースで授業はすすみます。

その点タブレット学習だと、自分のペースで何度も繰り返すことができます。

また目で見ることにより、理解力も高まります。

これはタブレットで英語学習をおこなうメリットです。

進研ゼミでの英語学習、ココがすごい!

それでは、進研ゼミでの英語学習がスゴイと思うポイントをみていきましょう。

紙の教材でも勉強ができる

タブレットだけではなく、紙の教材でも勉強ができるのが、進研ゼミの特徴です。

入試対策にも有効な要点のまとまった教材で、復習にも便利。

入試は紙に記入するので、やはり紙の教材でも勉強しておくと心強いですね。

4技能検定対策テストが受けられる

こちらは年1回ですが、英語の4技能検定対策テストが受けられます。

4技能とは「リスニング」「ライティング」「リーディング」「スピーキング」をさします。

これらの技能がどれだけ身についているのかをはかるテストが、4技能検定対策テストになります。

英語の勉強の成果はなかなか見えづらいので、習熟度が見られるのはとても良いですよね。

英検対策が無料

進研ゼミのチャレンジタッチには、最初から英検対策のコンテンツが入っており、無料で受講することができます

英検を取っておくと受験の時に有利な場合もあって、力を入れている中学校も多いですよね。

目標を設定すると、英検受験日までのカウントダウンや、学習状況が見られるなど、モチベーションアップにも良いですよ。

積極的に活用していきたいですね。

実際にタブレットで英語学習【動画レビュー】

実際にタブレットではどのような感じで英語学習が行われるのか動画でレビューします。

英語のスピーキング能力をつけたいなら

タブレットで英語学習である程度は勉強ができます。

ですが、スピーキングの能力をつけたいなら、やはり英語を使って会話をすることが重要になってきます。

おすすめは、オンライン英語学習です。

チャレンジタッチでは、有料オプションで『オンラインスピーキング』を受講できます。

月2回コースで2,580円/月、月1回コースで1,290円/月です。

また、進研ゼミ以外でオンライン英会話を習うという方法もあります。

わが家では長女が行っていましたが、スピーキング能力が飛躍的にあがりました。

>>実際に体験して選んだ!オンライン英会話おすすめ5選【子供向け】

まとめ

英語学習はタブレットがおすすめということで、進研ゼミの英語教材を使って動画レビューを行ってきました。

まずは英語に対する苦手意識をなくすことが大切です。

自分の学習状況に合ったペースで何度も英語に触れることにより、学習意欲も高まってきます。

お子さんに合う合わないもありますので、まずは資料請求してみてはいかがでしょうか?

\ まずは資料請求をしてみる! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
top
目次
閉じる