タイムズのカーシェア8年間利用中!マイカー時との料金比較します!

かりもの
スポンサーリンク
みや
みや

 カーシェアに興味があるけれど、料金とか使い勝手はどうなんだろう?車にかかるお金を少しでも減らしたいな、と考えてはいませんか?

 この記事では、マイカーからタイムズのカーシェアに切り替えた我が家の家計がどのように変化したのかを解説します。タイムズを利用してみての感想や、使い勝手もお伝えします。また、タイムズが近くにない!という方のために、他のカーシェアのご紹介もいたします。

 

 

マイカーにかかる料金

 まず、マイカーを所有した場合にかかる料金をみていきます。

買った時にかかるお金(自動車取得税・消費税)

 まず車そのものにお金がかかります。新車にするか、中古車にするかによって違いはありますが、もしマイカーにかかる費用を抑えたいなら、この車両本体の価格を抑える事が重要です。中古車でも、登録済み未使用車を探してみると、綺麗な状態の車が新車より低価格で購入できます。

 またどうしても新車がいい!という方でも、オプションの料金を見直してみてください。付けたはいいけど、あまり使わないという場合も多々あります。その料金を払っても絶対に付けたいものなのかを見極める事が、価格を抑えるポイントです。

 他に購入時にかかる費用として、消費税や手続きにかかる費用が上乗せされます。新車登録の際には3年分の自動車重量税がかかることもお忘れなく!

毎月かかるお金(駐車場代・ガソリン代)

 毎月かかる費用としては、駐車場代やガソリン代があります。

 マイカーを置いておく駐車場が自宅にある場合はかかりませんが、もしない場合は借りる費用も計算に入れておく必要があります。駐車場代は、地域や条件に大きく左右されます。駅の近くや大都市では、高くなる傾向にあります。

 私の住んでいる関東圏の少し田舎の地域では、駅から徒歩10分10,000円~、5分15,000円位~が相場です。友人が住んでいる駅上のタワーマンションの駐車場は32,000円ほどかかるとのことでした。

 またガソリン代も乗れば乗るだけかかってきます。

毎年かかるお金(税金・保険料)

 自動車を持っていると毎年税金や保険料がかかってきます。

 税金では、自動車税がありますね。軽自動車か普通車か、また総排気量によっても値段は大きく変わってきますが10,000円位~最大で110,000円ほどかかります。

 また保険は、必ず入らなくてはいけない自動車賠償責任保険(自賠責)と、任意で入る自動車保険の2種類あります。

 保険料は車種などの違いではなく、保険の加入期間によって料金に違いがでます。車を購入した際には必ず自賠責に加入するように法律で決まっていますので、この部分のお金は必ずかかるものとして考える必要があります。

不定期でかかるお金(メンテナンス代)

 バッテリーやブレーキパッド、エンジンオイルなど、車を長く安全に利用するのに必要なメンテナンスにお金がかかります。

 また車検の費用も大きな出費となります。車検の際にかかるお金は、自動車重量税と印紙代です。自動車重量税は新車登録時に3年分、初回の車検からずっと2年ごとの車検時に2年分ずつまとめて支払います。自動車重量税は、車両の重さによって税額が変わります。車検は整備工場に依頼することが多く、その費用も必要です。

タイムズカーシェアにかかる料金

 次にタイムズカーシェアにかかる料金をみていきます。

入会する時にかかるお金(初期費用)

 カード発行料1,650円(1人/1枚)だけです!

毎月かかるお金(月額基本料金)

 タイムズカーシェアでは、個人・家族・学生・法人の4つのプランがあります。

  • 個人・家族プラン:月額基本料金880円 無料利用料金880円
  • 学生・法人プラン:月額基本料金0円 無料利用料金0円

 この無料利用料金とは何かというと、毎月880円分は無料で利用できるということです。つまり月額基本料金は、ただ取られるわけではなく、乗ったらその分に充当されますよ、ということです。乗らなくても880円、乗っても880円までならプラスのお金がかからないのです。それなら乗ろうかな~という気になりますよね。

Check! 

月額基本料金がタイムズカーレンタル「ピッとGo」利用料金に充当できるようになりました!

利用時にかかるお金

◎利用料金

車種によって異なります。

  • ベーシック:220円/15分(ソリオ、ノート、デミオ、アクア、フィット、スイフト、ハスラー、ヴィッツなど)
  • ミドル:330円/15分(シエンタ、カローラフィールダー、フリード、プレマシー、インプレッサ、C-HRなど)
  • プレミアム:440円/15分(セレナ、ノア、MINI One CROSSOVER、Audi A1)

 長い時間乗る場合は、最大72時間までパック料金がありますので、そちらの方が安いです。ですが6時間以上になると走行距離に対して16円/km課金されますので、長距離利用の場合はレンタカー等と比較してより安い方を選ぶのが得策です。

◎ガソリン代

 0円です。全くかかりません。

 各車両にガソリン専用のカードが備え付けられているので、それを利用して各自でガソリンを入れるだけです。

◎安心補償サービス

 利用時ごとに330円かかります。

 利用予約の時に、加入の有無を選ぶことができます。事故時の補償、バッテリーあがり、キーのインロックなど、それらにかかわるレッカーなどの費用が免除となります。特に長距離の旅行などの時には、必ず付けておいた方がよいサービスです。

 なお、利用開始後には加入・取り消しができません。予約の際はよく考えて利用しましょう。

タイムズカーシェアのお得なキャンペーン

◎カード発行手数料
 通常1,650円 → 今なら無料

◎月額基本料金
 通常880円 → 今なら2カ月無料!(2020年5月31日入会分まで)

◎ナイトパックが今なら480円!
 現在ナイトパック(18:00~翌9:00)が期間限定で全クラス一律480円(税込)で利用できます。通常ですと、ベーシック2640円、ミドル3960円、プレミアム5280円かかるナイトパックが、車種関係なく480円で乗れてしまうという、とってもお得なキャンペーンです。期間は2020年8月1日9:00返却分までです。※別途距離料金がかかります。

我が家のマイカーvsタイムズカーシェアの料金比較

我が家はなぜマイカーを手放したのか?

 我が家のマイカーは2012年3月に廃車しました。新車で購入してから13年が経つと自動車重量税が上がるので、廃車にして新しい車を買おう!という話になっていました。実際試乗にも行き、パンフレットも集め、いくつか候補をしぼっていましたが、結局買わずに様子をみる、ということになりました。
 車を買わなかった理由は以下の通りです。

  • 家に来てほしくないと伝えていたにも関わらず、ディーラーの営業がきた
  • そもそも車を買い、維持していくのは、金銭的に大変
  • 駅から近く、タイムズカーシェアのステーションが近かった

 しばらく試してみて、不都合があるようなら車の購入を考えよう。というわけで、2012年4月からタイムズカーシェアの利用を開始しました。

カーシェアを利用するにあたり心配だったこと

  1. 予約はすぐ取れる?難しくない?
    →全く難しくありません。予約も取り消しもスマホからすぐできます。直前でも大丈夫なので、乗りたい!と思った時に、車があればすぐに乗れます。

  2. 乗り心地は?子どもも乗せられる?
    →定期的に掃除をしてくださっているようで、乗り心地はとてもいいです。たま~に前に乗った人がゴミ置きっぱなし・・・とかがありますが、ほとんど嫌な思いをしたことはありません。またジュニアシートが1台に1つ乗っているので、3歳~6歳までの期間子どもを乗せるのに、持ち込まなくていいのも助かりました。

  3. 緊急時のサポートは?
    →車に傷が付いていた時、ステーションの駐車場のバーが開かなかった時、携帯を車内に置いたままロックしてしまった時などにサポートセンターに連絡を入れましたが、どの時もすぐに電話がつながり、対応もとても良かったです。

  4. もしも車を使いたい時にカーシェアが利用できなかった場合
    →子どもが夜熱を出してしまった、病院に家族を送っていきたいなど、どうしてもバスや電車ではなく車で行きたい時にカーシェアが利用できなかったらどうするか、ということが大きな心配事でした。ですが、その時はタクシーを利用すればいいと主人に言われました。タクシーなんて贅沢と思っていましたが、車の維持費を考えれば安いものだと思い、心配することはなくなりました。

車にかかる料金はどのくらい減ったのか?

【我が家のマイカー月額費用】 

 車検用費用+自賠責保険料+自動車重量税=90,000円/2年
 自動車税34,500円/年、駐車場代10,000円/月、ガソリン代5,000円/月
 これを月額に換算すると、

 21,625円/月 

 となりました。改めて計算してみてビックリ!コレにはバッテリーやタイヤ交換などのメンテナンス費用を入れてませんので、それらを考えるともっと値段は上がります。

【我が家のタイムズカーシェア月額費用】

 車検用費用、自賠責保険料、自動車重量税、自動車税、駐車場代、ガソリン代、すべて無料です。タイムズカーシェアの月額基本料金+利用料金(+たまに距離料金)を、我が家が一番タイムズカーシェアを利用した年の平均を見てみると、

 1,887円/月 

でした。なんと、10倍以上の差がありました!
「タイムズカーシェアが利用できない時はタクシーを使えばいい」と言った主人の言葉も、この料金差なら頷けます。

タイムズ以外のカーシェア会社

 タイムズカーシェアは、ステーション数も10,000件を超え、全国で事業展開している会社です。ですが、住んでいる場所によっては、違うカーシェア会社の方が利用しやすい、という場合もあると思いますので、タイムズカーシェア以外の会社をご紹介します。

オリックスカーシェア

 全国約1,800拠点のステーションを利用できるオリックスカーシェア。個人Aプラン、個人Bプラン、学生プラン、法人プランがあります。
 個人Aプランは、月額基本料金840円(時間料金に充当可)、スタンダードクラスの利用料金は、210円/15分です。
 長い時間の利用料金は、業界最安クラスで、スタンダードクラスが24時間6,700円となっています。

Check! 現在お試しキャンペーン実施中!個人Aプランは最大60日間月額基本料無料!!

カレコ

 首都圏の三井のリパークを中心に車が配置されています。大きな特徴としては、初期費用がかからないこと。入会金は無料で、会員カードではなくスマホやSuicaなどで利用できるので、カード発行手数料もかかりません。

 月額基本料金980円、これは利用料金として充当できます。
 毎月乗るわけではなく、数カ月に1度程度の利用でいい、という場合には、月会費無料プランもあります。
 学生はプランとしては設けられていませんが、学生割引があります。この場合ベーシックプランの月額利用料金が4年間無料になります。

エコロカ

初期費用は、ICカード発行手数料1,995円、月額料金500円(利用料金に充当可)、利用料金はマーチクラスで170円/15分、プリウスで300円/15分です。

 他と比べて利用料金が安いのは魅力的ですが、ステーション数は東京7カ所、神奈川1カ所、大阪3カ所と限られた地域でしか利用できません。エコロカではエリアを拡大中とのことですので、今後に期待したいですね。

まとめ

 マイカーやタイムズカーシェアにかかる料金について解説してみましたが、いかがだったでしょうか?

  • マイカーからタイムズカーシェアへの切り替えで、費用は10分の1に!
  • 公共交通機関の近くや、カーシェアのステーションが近くにあるのなら、まずは試してみる価値あり!

 車にかかる費用が少しでも安くなるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました