楽天証券ではじめてのクロス取引をやってみた【2020年8月】

「クロス取引やったことはないけど興味がある」

「株主優待もらえるって良いなぁ」

そんな風に思ったことはありませんか?

みや

私も実はずーっとそう思っていました。

今回楽天証券ではじめてクロス取引をやってみたので、その内容をまとめました。

まだやったことのない方も、こんな感じでできるんだ~と知っていただけたらと思います。

目次

クロス取引をやってみようと思ったワケ

最初に、クロス取引をなぜやってみようと思ったかについてお話します。

現物株は持っていた

株主優待という言葉、よく聞きますよね。

私もずっと以前から知っていて、いつかチャレンジできたらなぁと思っていました。

しばらく使わないお金が20万円あったので、それを元手に株取引の練習をしてみようと、松井証券に口座開設をしました。

そこで5万円以下の2銘柄を買い、現在も保有しています。

定期的に届く株主優待は、ちょっとしたご褒美のようで嬉しいです。

株主優待の良さは実感していたので、株を保有せずに行うクロス取引にも興味がでてきました。

旦那1人の200株より、夫婦2人で100株ずつの方がオトク

株主優待の設定は各企業によって異なります。例えば、100株所有でクオカード1,000円分、といった感じです。

ですが、200株所有したからといって、クオカードが2,000円分になるわけではないんです。

・100株所有 クオカード1,000円分
・300株所有 クオカード2,000円分
・500株所有 クオカード3,000円分

たとえば、上記のように設定されているとします。

1人でクオカード2,000円分もらおうとおもったら300株所有しなければいけませんが、夫婦2人で100株ずつ所有すれば、クオカード1,000円分×2枚=2,000円分になるわけです。

同じ株主優待品をもらうにも、夫婦2人でやった方が効率的です。

旦那が先にクロス取引をやっていた

1年程前から旦那が楽天証券でクロス取引を始めました。独学で勉強しながら、次々と挑戦していき、今では毎月のように株主優待が届きます。

現在わが家では、『お米を買わずに株主優待やふるさと納税でまかなえるか』チャレンジを行っていますが、今年いっぱいは達成できると思います。

旦那に教えてもらいながらなら、私もできるかもしれない。そう思ってチャレンジしてみることにしました。

どうして楽天証券なの?

さきほど、現物株を松井証券で保有していると書きました。ならどうして楽天証券でクロス取引をやったのか。

答えは単純!旦那が楽天証券でクロス取引をやっていたからです。

やはり教えてもらいながらやるには、同じ楽天証券でやるのがベストだと思い、口座開設をしました。では、旦那はそもそもどうして楽天証券を選んだのでしょうか?

もともと楽天に登録していたから

もともと2人とも楽天市場に会員登録をしています。クレジットカードも、楽天カードを愛用しています。

貯まったポイントで、買い物をしたり、旅行に行ったり、楽天はよく使っているので、自然と楽天証券と考えたようです。

手数料も比較的安い

クロス取引にかかる手数料も比較的安いそうです。

旦那いわく
「ほかにもっと手数料の安いところはあるけど、いろいろ手を出すと訳がわからなくなりそうだから、楽天証券だけでやっていく」
とのことです。

貸株料のことなども説明してもらったんですが、結局よくわからず、やっていく中で再度教えてもらうことにしました。

取引でやり取りした支払い分も楽天ポイントになる

楽天証券では、取引でやり取りした支払い分も楽天ポイントになるそうです。楽天ユーザーにはとても嬉しい制度ですよね!

普段から貯まった楽天ポイントで、買い物などをしているわが家にとっても、クロス取引でも楽天ポイントが貯まるのはとても大きいです。

はじめてのクロス取引

もろもろの手続きを経て迎えたクロス取引初挑戦の日。

旦那がお盆休みでゆっくり教えてもらえる8/13にチャレンジしました。その日の狙いは、権利確定日8/20の西松屋チェーン(7545)です。

西松屋チェーン(7545)

【優待内容】100株以上 買い物カード1,000円分

18:30頃から楽天証券にログインして設定を行い、あとは『注文する』ボタンをタップするのみの状態で待機。

旦那いわく
「遅くても早くてもダメ」
らしく、タイミングの練習をして19:00を待ちました。

万全の準備が功を奏して、無事取れました!
そしてすぐさま旦那に言われるままに買建注文。

翌日8/14の営業時間中に現引、そして権利確定日の2営業日前の権利付最終日8/18の夜に現渡をして、はじめてのクロス取引を終了しました。

吉野家ホールディングス(9861)

8月末に権利確定日を迎えるものの中で次に狙うは吉野家!

【優待内容】100株以上 飲食券300円分×10枚

今回からは、旦那は仕事でいない中での挑戦です。

8/19にチャレンジしたものの、あえなく敗退。翌8/20に見事とることができました!

しかし、ここでトラブル発生!旦那がいなくてもできるように、初回の西松屋ではスクショを撮りながら注文をすすめました。ところが、買建が前回と同じようにならない!

みや

どうしてだー!(泣)

旦那がいちから一緒に確認してくれて、ようやく『セット注文』のところの『同時予約する』オンになっていたことが判明!

ようやく買建注文ができました。

ユナイテッド・スーパーマーケット(3222)

【優待内容】100株以上 ①買い物優待券30枚、または②食品
 ①1,000円以上の買物につき1,000円ごとに1枚(100円割引)利用可。
 ②お米・レトルトカレー・ラーメン等5点より1点選択。

狙いは②の食品です!8/25にチャレンジして、無事に取れました。

コメダホールディングス(3543)

旦那にあとどれくらいできるか余力を確認してもらっていけそうだったので挑戦。

【優待内容】100株以上 自社電子マネー1,000円相当

実は、コメダは最後の最後、どうしても欲しくて取りました。だって、私コメダ行ったことなくて、前々から行ってみたかったんですもの!

食べたいのはコレ、「シロノワール」!

美味しそう・・・


でも高い・・・珈琲つけたら1,000円くらいいっちゃう。ということで、株主優待をもらったら食べに行きたいと思います!!

旦那が8月にとった銘柄

ちなみに旦那が8月にとった銘柄はこちら。

  1. 西松屋チェーン(7545)
  2. 平和堂(8276)
  3. 吉野家ホールディングス(9861)
  4. 東宝(9602)
  5. フジ(8278)
  6. 明光ネットワーク(4668)
  7. コメダホールディングス(3543)
  8. ユナイテッド・スーパーマーケット(3222)
  9. SFPホールディングス(3198)
  10. ビックカメラ(3048)
  11. ジンズホールディングス(3046)
  12. ワッツ(2735)

12銘柄もすごいです!

まとめ

楽天証券ではじめてのクロス取引(2020年8月分)をまとめてみました。はじめてで4銘柄は自分では大満足です。

それもこれも、教えてくれる旦那のおかげです。正直言って、出てくる用語とか手数料の計算とか、全くわかっていません。今回は手順通りにやっただけです。

9月の株主優待はたくさんあるそうなので、次回はちょっとわかった状態でできるように、勉強してのぞみたいと思います。

他の月のクロス取引の様子はこちら

>>節約でゆとり生活

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
top
目次
閉じる