終活で本の断捨離に失敗しない5つのヒント。自分の生き様が表れる!

みや
みや

 終活の一環として、本を片付けたいけれど、なかなか思い切って処分することができない!そんな思いを持っていませんか?

 この記事では、終活で本の断捨離に失敗しない5つにヒントをみていきます。本の断捨離が難しい理由、本を断捨離した時のメリットをみれば、自分のセカンドライフに向けて前向きに取り組めます。

 本に関係する仕事をしています。終活を見据えて、たくさんあった本を断捨離しました。その経験を元に、本の断捨離で失敗しないポイントを見ていきます。

目次

なぜ、あなたは本の断捨離ができないのか

 まずは、なぜ本の断捨離が難しいのかについて、みていきましょう。

本が好き

 あたりまえのことを言うようですが、本が好きという人はなかなか本を処分することができません。しかも、捨てられないうえに、新しい本を買ってくるので、増える一方です。

 ここで、一口に「本が好き」と言いましたが、本好きにもいろいろなタイプがいます。

 私は、本に関係する仕事をしていますが、自分の蔵書は10冊もありません。本は大好きですが、どんどん新しい本が出版されているので、よっぽどのことがない限り買わずに図書館で借りることにしています。

 一方私の友人は、本屋さんに入ると何か買わずにはいられないタイプ。話題のベストセラーは当然のこととして、本屋さんの手作りPOPを見ては本を購入しているそうです。

 ですが、時間をみつけて読んではいるものの、どうしても読む量より買う量の方が多くなってしまい、積読本になってしまっているとのこと。でも「本がたくさん並んでいるのを眺めているのが幸せ~」と言っている本好きです。

 ほかにも、雑誌を必ず買う人、マンガを大人買いしている人など、みんなタイプは違えど「本が好き」な人は、それらを大切に思っているため、なかなか捨てる事ができないのです。

「いつか」のために捨てられないと思っている

 積読本が多い人は「いつか」その本を読もうと思っています。当然断捨離しよう、という気持ちにはならないでしょう。

 また、資格などの本もなかなか捨てられません。今はちょっと忙しくて勉強できないけれど、「いつか」はちゃんと勉強して資格を取りたいと思っている、そういう場合には、その本は必要ですね。

 けれど、今一度考えてみてください。その「いつか」は、本当にくるのですか?

 積読本があっても新しく本を買ってしまうのは、積読本に読みたい!と思える気持ちが薄くなってしまっているからではありませんか?

 資格も、その時には頑張ろうと思って買った本かもしれませんが、今後時間をそのために使う日はくるのでしょうか?

 私は簿記の資格を取ろうと本を買って何度も開こうとしましたが、どうしても気が乗らず、結局その資格の本を捨てました。簿記の勉強に時間を使うより、他の本を読みたかったからです。

 「いつか」の時、本当にその本の出番がくるのか、考えてみませんか。

本棚は自分の生き様を表している

 自分がどのように考え、どんな自分になりたいのか、どんなことが好きなのか。本棚は自分の生き様を表していると思います。

 読んできた本は、自分が頑張って得た知識に他なりません。それが目に見える形なのが、本棚だと思います。

 私は、自分が受験や資格試験の時に頑張った参考書やノートなどを捨てることができませんでした。見返すことなどないのに、これから必要になることもないのに、頑張った自分の証だと思い捨てられなかったのです。

 でもある時、過去の自分に囚われていることに気が付きました。形としてなくなっても、私の中にはきちんと残っているなら、モノに囚われる必要はないと思ったのです。

 本を捨てるということが、自分の得た生き方を捨てるように思ってしまうと、本を処分することは難しくなります。

終活で本の断捨離に失敗しない5つのヒント

 自分に何かあった時、大量にある本の処分を人任せにするのはおすすめできません。本はとても重く、ホコリがついたりシミができていたりすることも多く、本に興味のない人にとってはその処分が苦痛を伴うからです。

 ここでは終活の一環として本の断捨離をする時に、失敗しない5つのヒントをみていきます。

収納家具をまず処分してみる

 まずは、家に置ける蔵書の上限を決めてしまうことが大切です。その数は人によって違いますが、できれば上限の冊数の7割になるくらいまで処分しましょう。

 その理由は、第一に本がぎっちりにならず、余裕を持って置けるからです。今後本を全く買わないならともかく、やっぱり気にいった本は買いたいと思うなら、新しい本のために、少し本棚を空けておくことです。

 その際におすすめなのは、収納家具をまず処分すること。

 入れる家具がないと困る!と思うかもしれませんが、逆です。【入れる家具があるから本を処分しない】のです。

 以前記事にしましたが、私はまず家にあった大型の本棚を処分しました。自分で解体したのでとても大変でしたが、本棚がないので、本を処分することもできました。

 本が増えすぎて収納家具もそれに伴い増えていっている、という方は、まず、収納家具の処分を考えてみてください。

勢いに任せて捨てない

 さて、いざ本の断捨離!という段階になっても、片付け熱の勢いに任せて処分するのはやめましょう。後悔します。

 まず絶対に捨ててはいけない本を選びましょう。

【処分してはいけない本】

  • 絶版の本
  • 気持ちが落ち着く本
  • いざという時に手に取る本
  • 好きな本

 絶版の本は、手放してしまうと二度と手に入らないかもしれません。けれど、もう読むことがないのなら、欲しい人を探してみるのも良いかもしれません。

 見ると気持ちが落ち着いたり、なにかあった時によく手に取ったりする本は残しておいた方がいいでしょう。そして好きな本は無条件で残します。

 もし処分した後に必要だった!と思った時には、また買いましょう。それはきっとあなたにとって必要な本なのです。

読むのに気合がいる本は捨てる

 積読本がたくさんあっても、次に読む本を選ぶときに、無意識に避けている本はありませんか?読みたい気持ちはもちろんあるけど、どうも手が伸びない、そんな本は捨てましょう。

 読むのに気合がいる本は、きっと何回選ぶ場面になっても、理由をつけて手に取らないでしょう。

 買ったときは読むつもりだったけれど、もう自分の中の『旬』が過ぎてしまったのです。

 きっと、心の中で「読まなきゃ・・・」というプレッシャーにもなります。

 他の本を心置きなく読むためにも、そういう本は処分しましょう。

実用書は新鮮なモノを持つ

 仕事で必要な実用書は、実際に使っているので処分することはできません。専門書などは一度手放してしまうと絶版でもう手に入れられないので、きちんと保管する必要があります。

 ビジネス書なども、自分の今の仕事に生かせたりするなら、何度も読み返したいですよね。

 ですが、実用書にも『旬』があります。私はパソコン関係の本を読むのが好きなのですが、情報が古くなるのが早いなぁと感じます。なので、出版年を気にして読んだりします。

 自分が持っている本の情報が古いようなら、迷わず処分しましょう。もしその関連の本が必要なら、新しい情報が載っている本に買い替えをしましょう。

人生は有限であると強く意識する

 あなたはこれからあとどれだけの本が読めるでしょう?

 自宅の本棚にある本、もう一度読みますか?いつか読もうと思っている積読本、早く読みたいですよね?これからたくさん出るであろう好きな作家さんの本、発売が楽しみですよね?

 けれど、読める本には限りがあります。

 終活で本の断捨離を考えるとき、この『人生は有限である』ということを強く意識してみてください。

 もしそれを意識できたら、きっと今の自分に必要のない本を読んでいるひまはないことがわかるはずです。

本を断捨離するメリット

 本を断捨離すると、どんなメリットがあるのでしょうか。

自分にとって大切な本がわかる

 これからの人生を共に過ごしたい本だけを残す、それはとても気持ちのいいものです。自分が選んだ本を見れば、自分にとって何を大切に思っているのかがわかります。

 それは、セカンドライフの充実につながるのではないかと考えています。

 本の断捨離は、あなたの生き方を見直し、今後の人生を考える良いチャンスです。

掃除が楽になる

 本にはすぐにホコリがたまります。そして古い本にはシミがついてしまうことも多いです。本の管理は実はとても大変なのです。

 ですが、本自体を厳選すれば、掃除が楽になります。大好きな本を綺麗な状態で保つこともできるでしょう。それは、より本への愛着につながります。

面だしをして飾ることができる

 ぎちぎちに詰めた本棚では到底無理ですが、スペースに余裕ができると、本の表紙を見せて飾ることもできます。

 装丁が綺麗な本や、眺めると癒されるような表紙の本は、ぜひ面だしをしてみてください。

 自然と手に取ることも多くなると思います。

 このように、断捨離することによって、一冊一冊をより愛でることができます。

まとめ

 終活で本の断捨離に失敗しない5つのヒントをみてきました。本棚には自分の生き様が表れるので、なかなかそれを処分するのはハードルが高いかもしれません。

 ですが、自分の傾向を知り、本当に大切な本だけを持ち、今後の人生に生かしていけるという意味でも、終活の一環として本の断捨離をおすすめします。

 まずは一冊からでも、自分にとって大切な本を選んでみませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
top
目次
閉じる