レノボのクロームブック『IdeaPad Duet』購入レビュー

買ったもの
スポンサーリンク
娘

学校で使うパソコン、1人1台用意してって先生に言われた~!

ママ友ゆう
ママ友ゆう

いろいろ見て、レノボの『IdeaPad Duet Chromebook』が気になるんだけど、口コミはどうなのかな?

みや
みや

実際わが家で購入したから、レビューするね!

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』は、着脱可能なキーボードがついたクロームブックタブレットです。

先日購入しましたので、選んだポイントと実際に使ってみてのレビューを書いていきます。

この記事を読むと、『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』を実際に購入した生の声を知ることができます

クロームブックを選んだワケ

わが家にとっては初のクロームブックです。

なぜクロームブックを選んだのでしょうか?

クロームブックとは

まずクロームブックについて簡単に解説します。

クロームブックとは、Googleが開発した『Chrome OS』が搭載されたパソコンのことを指します。

ママ友ゆう
ママ友ゆう

OSってなに?

みや
みや

OS=オペレーティングシステムの略で、パソコンを動かす元になるシステムのことだよ。要はそれがないとパソコンが動かないの。

有名なところでは、『Windows OS』や『Mac OS』があります。

クロームブックの市場規模が拡大している

パソコンといえばウインドウズかマックしか聞いたことがない、という方も多いと思います。

ですがここ2年ほどで、クロームブックの市場規模が拡大してきているのです。

その理由は、文部科学省が全国の学校に向けて行っている『GIGAスクール構想』によるもの。

児童生徒「1人1台端末」と校内の高速大容量の通信ネットワークを整備することとなっています。

これをうけて、多くの自治体でクラウドサービスの利用を前提とするクロームブックの導入を、という流れができました。

ウィンドウズやマックに比べて、端末代金が安いということも、大きな理由の一つです。

高校からクロームブックをおすすめされた

わが家は小・中・高校に子どもを通わせています。

小・中学校は、学校側が端末を用意してくれますが、高校は自分で用意する必要がありました。

高校からの端末購入のお願いには以下のように書かれていました。

2021年度よりオンラインにて課題提出等が行われます。
1人1台端末を用意してください。
・ディスプレイサイズは10インチ以上
・キーボードが必要
・高スペックなものはいりません
比較的安価なクロームブックをおすすめします。

家に余っているノートパソコンを持たせることも考えましたが、古いので動きが悪いうえに重さが3kg近くあります。

学生はただでさえ荷物が多いので、クロームブックを購入しようということになりました。

クロームブック購入の際に見るポイント

クロームブックを購入する際、どこを見て決めればいいでしょうか

わが家の場合、スペックはあまり重視しなくてよいとのことだったので、私が選んだ際に気を付けたポイント3つを以下にあげます。

  1. ディスプレイサイズ
  2. 画面に触って操作できるか
  3. 重さ

一つずつ解説します。

ディスプレイサイズ

学校側から『10インチ以上で』という指定がありました。

これは課題を作成する際に画面が小さいとやりづらいからということでした。

かといってディスプレイが大きくなると、全体的に重くなります。

持ち運びも考えて『10~13インチ』で探すことにしました。

画面に触って操作できるか

外(学校)で使うので、必然的に「タブレット」か「ノートパソコン」のどちらかになります。

この2つの大きな違いは、ざっくりいうと『画面に触って操作できるかどうか』です。

タブレットのように画面を触って操作できるノートパソコンもありますが、おおむね高価になります。

わが家の高校生に学校での使い方を聞いたところ「授業で写真を撮って、そこに直接文字などを書き込んだりするので、タブレットの方がいい」とのことでした。

なので、わが家では「タブレット」+「キーボード」で探すことにしました。

使い始めてから1か月以上経ちましたが、子どもいわく「画面にさわれるタイプじゃないともうムリ」とのことでした。

重さ

中学生、高校生の通学用かばんはいつもパンパンです。

わが家の子ども達が持っている通学用リュックも「これから旅行にでも行くの?」というくらい重いです。

なので、クロームブックもなるべく軽いものを探しました。

できれば1kgくらいで収まればベストです。

『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』購入!

というわけで、条件にあった『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』を購入しました。

どこで買った?

私はレノボの学生ストアで購入しました。

無料会員登録をすると、学割価格でお安く買えるんです。

学割の対象範囲も、小学生~と広いのでおすすめです。

どれくらいで届く?

私は注文してから3日後に手元に届きました。

とても早くてびっくりしました。

梱包はどうだった?

とても丁寧でした。

ビニールでぴっちりおおわれていました。

裏面はこんな感じです。

オープン!中はこんな感じで入っていました。

『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』のイマイチなところ

事前に調べてはいましたが、買ってからわかった『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』のイマイチなところをお伝えします。

フタがちょっとずれる

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』は「タブレット」+「キーボード」の2in1パソコンです。

キーボードは着脱式で、それ自体がタブレットのフタになります。

とても良いんですが、そのフタが閉めたときにちょっとずれるんです。

↑こんな感じ

もちろんずらせばぴったりにはなるんですが、きっちりとまっているわけではないので、またすぐずれます。

キンドルやアイパッドのフタはマグネットでピタッとくっつきますが、コレはそうではないんです。

地味な部分ですが、ちょっと気になるところです。

エンターキーが小さい

タブレットについているキーボードにそんなに期待をしていたわけではないのですが、見たときに「エンターキーちっさ!」って思いました。

結構使うキーなので、地味に重要なんですよね。

でもキーボード自体の打ち心地はそんなに悪くないです。

エンターキーは慣れるしかありませんね。

『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』の良かったところ

気になるところはありつつ、それでも事前に調べていた以上に「良かった!」と思う部分もあったのでお伝えします。

キーボードの着脱が簡単

キーボードの着脱は、想像以上にラクでした。

マグネット式で、本体と近付けるとほんとに一瞬で「カチッ」とくっつきます。

はずすときもひっぱるだけ。

着脱が面倒だと使わなくなってしまうので、ラクにできるのはとてもポイントが高いです。

起動が早い

クロームブックは起動が早い」とは聞いていました。

聞いてはいましたが、本当に早い!

うちのウィンドウズパソコンは電源入れてから使える状態になるまで時間がかかるので、その感覚でいるとびっくりします。

ディスプレイがきれい

これは「思っていたよりも良かった」っていうことで、「画質めっちゃいい!」ということではありません。

参考までにグーグルマップで表示させた画像を載せます。

上に書いた通り、選ぶ際に画質はあまり気にしていなかったのですが、思っていたよりも良くて満足です。

角度調整が自由にできる

この『Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』のカバーは、それ自体がスタンドの機能も兼ねています。

この角度調整が自分の自由な角度にできるので、とても重宝しています。

子どもはこれでオンラインの授業や動画を見ながら、学習を行っています。

自分好みの角度にできるのは、とても良い機能ですよね。

まとめ:ライトな使い方なら十分すぎる!

レノボのクロームブック『IdeaPad Duet』についてのレビューを書いてきました。

  • 機能はあまりいらない
  • なるべく安く買いたい
  • 外に持っていくので軽いものがいい
  • タブレットとしても使いたい
  • キーボードも欲しい

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook』は、そんな方にピッタリの端末です。

お手頃価格でそれなりに使える性能ですので、ライトな使い方なら十分ですよ!

 

レノボの学割価格は、無料会員登録して学生ストアにログインすると見ることができます。家電量販店で買うより安いですよ!
レノボ学生ストア無料会員登録
タイトルとURLをコピーしました